お問合せ:080-5387-4532

皮膚講座受けてきました

ワクチン接種者へのアプローチを変更していかなければいけないな。と、この1年半様々な工夫をし、筋肉に対するアプローチを極力減らし、骨に対するアプローチを学びながら、今度は神経に対するアプローチを学びたいなと考えていた時に、タイマッサージの練習会にて、「身体を触るのに一番最初に触れるのは皮膚でしょ」との言葉で
「なるほど!確かに!」新しい変態発見!(もちろん褒め言葉です)
と思い受けてきました。

自分が疲労せず、眠れるようなくらいボーとしても施術が成り立つような施術行程を組んで来たので、呼吸を意識などなど、意識するところを満載にすると、「吸う?吐く?自分の体は今どうなってるの?」と混乱気味、混乱すると体が硬直すると負の連鎖。笑

結果、講座を受講して正解で、
皮膚へのアプローチは別の方から学んだ事があり、かなり活用させて頂いていたのですが、何よりも立位で上肢の皮膚を触ってあげる事でトークセン(木槌)で叩く工程が減り、時間短縮となりました。し、皮膚を正確に触ってあげることにより、相手に負担なく緩んでいくのが一番なので・・。さて、皆さん変化気づいてくれるかなぁ・・・。

関連記事

  1. 新たなアクセス・ボディプロセスを受講してきました

  2. 整体の勉強会に行ってきました。

  3. マンタクチアのカルサイネイザン講座受講しました

  4. アーシングトークセンを習ってきました!通常のトークセンに組み…